本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく
トップ会員施設の紹介中信地域施設紹介松本市国保会田病院

松本市国保会田病院

松本市国保会田病院外観

病院の概要
創立年月日 昭和25年7月5日
所在地 〒399-7402 松本市会田1535-1
TEL 0263-64-2027
FAX 0263-64-4146
ホームページ http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/buka/byouin/aida_Hospital.html
Eメール aida-byoin@city.matsumoto.nagano.jp
病床数 31床
診療科目 内科、外科、小児科、放射線科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科
医療機器 X線テレビ装置、X線一般撮影装置、内視鏡(胃)、電子走査形超音波断層装置、骨塩量測定装置
職員数 46名

健康寿命延伸都市・松本の創造を目指して

沿革

会田病院は、昭和25年7月会田、中川村二ヶ村組合立病院として開設、その後地理的、環境的に同じ錦部、五常村が加わり四ヶ村組合立国保直営会田病院となった。昭和30年前記4ヶ村が合併し四賀村となり病院も四賀村国保直営会田病院となり、その後施設を増築、改築し現在に至り、また、平成17年4月に松本市と合併し、松本市国保会田病院となった。

診察室前

概要

四賀地域住民の心のよりどころとなる地域医療の拠点として、一次医療の確保、市内の総合病院や介護施設と連携した入院患者の受け皿の確保、四賀地域内の亜急性疾患患者・慢性疾患患者の入院医療の確保等地域医療の充実を図っています。

特徴等

平成12年介護保険事業開始に伴い、病床を一般病床7、療養病床24としました。平成18年には、地域の医療ニーズに応えるため、一般病床11床、介護療養病床20床に変更しました。外来、訪問看護、人間ドック等地域住民への適切な医療サービスを実施すると共に、リハビリテーションの充実による在宅復帰支援や細かな患者輸送等を行っています。
また、健康教室を開催し、地域により親しまれる病院として疾病予防や健康管理等にも幅広く取り組み、スタッフ一同でより良い地域医療の提供に努めています。

医療機器01 医療機器02

リハビリ風景 受付

会員施設の紹介

お知らせ