本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく

市立大町総合病院

市立大町総合病院外観

病院の概要
創立年月日 昭和2年9月1日
所在地 〒389-0002 大町市大町3130
TEL 0261-22-0415
FAX 0261-22-7948
E-Mail hospital@city.omachi.nagano.jp
病床数 277床(一般211床、療養62床、感染症4床)
診療科目 内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、麻酔科、耳鼻咽喉科、形成外科、歯科口腔外科
建物 鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造り地下1階、地上6階、延べ面積17,726.1平方メートル
医療機器 人工呼吸器、医用テレメータ、セントラルモニター、エンドサーム、ネイタスアルゴ2eカラー、電子内視鏡システム、補助循環装置、個人用透析装置、アンゴンダイレーザー、超音波白内障手術装置、全身麻酔装置、超音波診断装置、血液ガス分析装置、自動グリコヘモグロビン測定装置、心電図自動解析装置、脳神経外科手術用顕微鏡システム、生化学自動分析装置、全自動血液凝固分析装置、全自動血球計数装置、終夜睡眠ポリグラフィ、MRI装置(1.5T)、マルチスライスCT装置、X線テレビ装置、X線骨密度測定装置、X線撮影装置、循環器X線診断システム、乳房X線撮影装置、CR装置、結石破砕装置(ESWL)
職員数 429名(常勤医師17名、看護師203名、医療技術員75名、事務員87名、労務員ほか47名)
※医師以外は非常勤職員を含む。
併設施設 大町市訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、老人保健施設「虹の家」、大町市母子通園訓練所「あゆみ園」
臨床研修制度への対応 特色 信州佐久高原で地域の第一線の医療を担う。浅間総合病院、佐久総合病院佐久医療センター、千曲病院、小諸高原病院、軽井沢病院の公立病院とその関連施設、東邦大学医療センター大森病院・大橋病院・佐倉病院の3病院及び佐久保健福祉事務所において、多彩な指導医のもとで、幅広いプライマリ・ケアを習得する。
研修医募集定員 2人

地域と共に!さらに信頼される病院へ

北アルプスのふもと、風光明媚な大町市には四季を通じて大勢の観光客が訪れる。雄大な北アルプス、渓谷、湖、スキー場など地域の特性を活かしたスケールの大きな観光資源は人々を魅了する。また、国宝仁科神明宮をはじめとする貴重な文化遺産やユニークな博物館群をかかえる山岳観光都市でもある。当院は、県下の公立病院のなかでも最も歴史が古く昭和2年に町営病院として開設された。

現在、この地域での2次医療を担う急性期病院であり、24時間体制で救急医療に対応するとともに、この地域唯一の産科医療を提供している。

さらに、療養病棟、訪問看護を有し、老健施設を併設しており、総合的な疾患にも幅広く対応するように努めている。

信州大学病院の教育関連病院

当院では、信州大学の教育関連病院として、学生の実習だけでなく医療スタッフのレベル向上を図るため綿密な連携をとり、研修や医師の交流を行っている。

好評な人工透析と人間ドッグ

血液透析装置

28台の血液透析装置を設置し、慢性腎不全の患者に大きな信頼を得ている。また、観光客のなかで、治療が必要な場合も対応している。健診センターのきめ細かなサービスと信頼の厚いスタッフに支えられた検診体制により好評を得ている。

充実した検査機能

MRI診断装置、マルチスライスCT撮影装置、血管造影装置、体外衝撃波結石破砕装置などの各種機種を備えている。

医療・介護・福祉の地域連携

診療治療からリハビリテーションまで一貫した診療システムに加え、医療社会事業部において、他の医療機関や地域の診療所との連携体制を重視した「地域医療福祉連携室」「訪問看護ステーション」「居宅介護支援事業所」、在宅ケアへの連続性の確保を目的とした介護老人保健施設「虹の家」などを併設・運営し、医療と保健福祉を総合化した院内体制を構築しています。

信頼される各診療科

  • 内科(常勤医師4名、嘱託医師3名)
    呼吸器、循環器、消化器、肝臓病、腎臓、血液、糖尿病など幅広い分野の専門医が診療にあたり、総合診療科も設置している。
  • 小児科(常勤医師2名、嘱託医師2名)
    急性・慢性疾患をはじめ、小児救急に力を注いでいる。午後は、特殊診療も開設している。
    医療機器01
  • 外科(常勤医師2名)
    胃がん、大腸がん、乳がん等の検査治療を積極的に取り組んでいる。
  • 整形外科(常勤医師1名、嘱託医師1名)
    北アルプスや多くのスキー場を抱える地域性を反映し、骨折・外傷患者の多いのが特色。
  • 脳神経外科(常勤医師1名)
    脳血管障害(脳出血、くも膜下出血など)、頭部外傷(交通事故、冬はスキー・スノーボード外傷)が多いのが特徴である。
  • 皮膚科(常勤医師1名)
    アトピー性皮膚炎や慢性皮膚炎の診療が多いが、土地柄、春から秋にかけては真ダニ、ツツガムシ、蜂刺されも多く乳児から高齢者まで患者の年齢層は幅広い。
  • 泌尿器科(常勤医師2名、嘱託医師1名)
    前立腺疾患、尿路悪性腫瘍を中心に泌尿器科全般を扱っている。内視鏡手術を含め手術療法も積極的に行っている。また、体外衝撃波破砕装置も整備している。
  • 産婦人科(常勤医師1名)
    妊婦検診を実施。
    医療機器02
  • 眼科(非常勤医師)
    一般的な診療から手術まで幅広い。白内障の治療が多い。
  • 麻酔科(常勤医師1名)
    全身麻酔症例を中心に術中管理を行っている。
  • 耳鼻咽喉科(非常勤医師)
    初期的医療から手術を要するケースまで様々な疾患に対応している。
  • 形成外科(非常勤医師)
    週1回、信州大学から医師が派遣されて診療に当たっている。
  • 特殊歯科・口腔外科(常勤医師1名)
    がん治療と歯科の連携が重要視される中で、当院においてもチーム医療の推進と医療の質の向上を図っていくため、歯科口腔外科を開設している。がん等に係る全身麻酔による手術、化学療法を実施する患者、または歯科治療が必要な入院患者を対象としている。(一般外来での健常者の歯科治療(虫歯等)は行っていない)
  • 総合診療科
    一領域にとどまらない幅広く豊富な医療知識と正確な身体所見により多角的に診療を行う。

市立大町総合病院ホームページへ

会員施設の紹介

お知らせ