本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく
トップ会員施設の紹介東信地域施設紹介佐久市立国保浅間総合病院

佐久市立国保浅間総合病院

1862-1佐久市立国保浅間総合病院外観

病院の概要
創立年月日 昭和34年6月22日
所在地 〒385-8558 佐久市岩村田1862-1
TEL 0267-67-2295
FAX 0267-67-5923
E-Mail info@asamaghp.jp
病床数 一般243床、療養40床、介護40床
診療科目 内科、外科、整形外科、小児科、産婦人科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、歯科、歯科口腔外科、健康管理科、麻酔科、神経科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科
専門外来 糖尿病科、呼吸器内科、心療内科、内分泌内科、循環器内科、矯正歯科、口腔外科、、不妊外来、禁煙外来、睡眠時無呼吸外来、呼吸器外科外来、血管外科
診療所 市内4ヶ所
職員数 552名(常勤医師42名、看護師207名、医療技術職83名、事務職37名、その他職員17名、臨時等166名)
建物 延床面積24,627平方メートル 西棟6階、南棟4階、東棟3階
主な医療機器 透析システム、全身用断層撮影装置(CT)、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)、血管造影撮影装置(アンギオ)、デジタルガンマカメラ、デジタルX線TV装置、多項目自動血球分析装置、高圧蒸気滅菌装置、眼科用手術OPMI、超音波診断装置、大動脈バルーンポンプ
臨床研修制度への対応 名称 浅間総合病院群臨床研修プログラム
特色 信州佐久高原で地域の第一線の医療を担う、浅間総合病院。佐久総合病院佐久医療センター、千曲病院、小諸高原病院、軽井沢病院の公立・公的病院とその関連施設、東邦大学医療センター大森病院・大橋病院・佐倉病院の3病院及び佐久保健福祉事務所において、多彩な指導医のもとで、幅広いプライマリ・ケアを習得する。
臨床研修病院指定年月日 平成15年11月19日
研修医募集定員 1年次・2年次とも3名

病院理念

患者さん中心の、患者さんのための、良質な医療の実践

佐久市立国保浅間総合病院内

基本方針

  • 時代に応じた地域のニーズの把握に努め、保健・医療・福祉の向上に寄与します。
  • 医療に従事する者として、常に医学・医療の研鑽に励み、患者さんに満足いただけるよう努力します。
  • 最適な医療を提供するために、ソフト・ハード両面における医療環境を整備します。
  • 患者さんの権利を尊重し、インフォームド・コンセント(説明と同意)に基づいた医療を提供します。

公益財団法人日本医療機能評価機構より認定

当院では、公益財団法人日本医療機能評価機構による「病院機能評価(Ver.6.0)」(複合病院(一般・療養)、審査体制区分3)を受審し、機構の定める水準以上にあるとして、認定を受けております。平成9年、14年、19年に続き、24年で4回目の認定です。今後も、当院の理念であります、「患者さん中心の、患者さんのための、良質な医療の実践」の実現に向けて一層の努力を行ってまいります。

医療機器

信頼される地域医療を目指して

当院は、この佐久の地で昭和34年に20床で開院して以来、主に佐久広域圏人口22万人を診察圏とする、国保の基幹病院です。
地域に信頼される病院を目指し、常に医療機能の向上に努めつつ、地域の要請に応じた医療サービスを提供しています。
また、地域医療の充実に貢献するとともに、院内に介護病棟をもち、在宅訪問看護も行うなど、医療、介護、福祉のケアミックス型病院を目指しています。

佐久市の風景

佐久市立国保浅間総合病院外観02

佐久市立国保浅間総合病院ホームページへ

会員施設の紹介

お知らせ