本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく

東御市民病院

 東御市民病院外観

病院の概要
創立年月日 平成6年4月
所在地 長野県東御市鞍掛198
TEL 0268-62-0050
FAX 0268-62-0400
E-Mail hospital@city.tomi.nagano.jp
病床数 60床
診療科 内科・外科・小児科・眼科・肛門科・呼吸器科・消化器科・循環器科・泌尿器科・整形外科・アレルギー科・リハビリテーション科
医療機器 MRI・ヘリカルCT・乳房撮影装置・人工呼吸器・消化器・気管支ファイバースコープ
職員数 正職員84名(医師10名・看護師44名・医療技術員・23名・事務員7名)

新病院に移転して新たな出発

東御市民病院は平成十五年十月に東部町の計画であった「福祉の森」の一角に移転しました。この「福祉の森」とは、保健・医療・福祉の連携を図り、住民へのサービス向上に資することを目的に計画されました。そのため、隣には市の総合福祉センターや特別養護老人ホーム等があります。また、近くには東御中央公園や、体育館、プールなどもあります。周囲の騒音を気にせず、静かな環境の中で病室の窓から眺める四季折々の風景が入院患者様の心を癒してくれます。

平成十六年四月には東部町と北御牧村との合併により東御市が誕生しました。そこで、病院の名称も「東部町立ひまわり病院」から市民に親しまれる病院づくりをめざすという意味で「東御市民病院」に変更し、新たな一歩を踏み出しました。

新病院の特徴

新病院は、2階建で1階は外来のスペースで2階は主に病棟になっています。病室は入院生活の快適性を重視し、4床部屋でも個室感覚で全てのベッドサイドに窓があり、外を眺めることができるようになっています。また、医療機器も充実させ、新たにMRI、マルチスライスCTや乳房撮影装置を導入し、各種検査や健診に利用しています。また、手術室も2室に増やし、透析も始めました。健診部門では人間ドックや企業における健診の依頼に対応しています。

厨房はオール電化器具を導入し、清潔で安全な食事を提供しています。

病室

救急医療

新病院は、2階建で1階は外来のスペースで2階は主に病棟になっています。病室は入院生活の快適性を重視し、4床部屋でも個室感覚で全てのベッドサイドに窓があり、外を眺めることができるようになっています。また、医療機器も充実させ、新たにMRI、マルチスライスCTや乳房撮影装置を導入し、各種検査や健診に利用しています。また、手術室も2室に増やし、透析も始めました。健診部門では人間ドックや企業における健診の依頼に対応しています。厨房はオール電化器具を導入し、清潔で安全な食事を提供しています。

救急室

今後の展望

当病院はこの地域の唯一の一般病院として、地域住民のニーズに応えながら、近隣の医院等との連携をとり地域住民の期待に応え、信頼される病院づくりを目指して参ります。

東御市民病院ホームページへ

会員施設の紹介

お知らせ