本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく

帳票請求予定事業所の手続き

1 「介護給付費の請求及び受領に関する届出」の提出

連合会へ介護給付費等振込口座と請求方法の届出をして頂きます。届出の帳票提出に○をして下さい。あとは、必要箇所すべて記入して頂き本会へ提出して下さい。

2 帳票の編綴方法

帳票提出の場合は、下図のように決められた編綴方法にて本会へ提出下さいますようよろしくお願い致します。

給付管理表の場合

  • 自県分=事業所が所在する都道府県内の受給者にサービス計画を作成したもの
  • 他県分=事業所が所在する都道府県以外の受給者にサービス計画を作成したもの

自県:修正・取り消し分

他県:修正・取り消し分

自県:新規分

他県:新規分

給付管理票編綴に関する留意事項

  • 編綴順序
    一番上に給付管理票総括票1枚、以下被保険者数分の給付管理票となります。月遅れ分がある場合は、月遅れ分を古い順に上から綴ってください。(自県・他県分問わず)
  • 給付管理票の種類
    給付管理票には1:新規、2:修正、3:取消の三種類があります。2:修正、3:取消の場合、必ず右上に“修正分”“取消分”の記載をしてください。
  • その他
    1. 給付管理票は、月遅れ分・当月分問わず1綴りとしてください。(計画月ごとに分けて編綴いただく必要はありません。)
    2. 綴じる箇所は、左上としてください。
    3. 給付管理票総括票に記載する年月は、連合会への給付管理票提出年月となります。(サ―ビス提供年月ではありません。)

介護給付費請求書

  • 自県分=事業所が所在する都道府県内の受給者にサービス計画を作成したもの
  • 他県分=事業所が所在する都道府県以外の受給者にサービス計画を作成したもの

各様式毎
自県分(
保険者番号順)
他県分(保険者番号順)
※公費明細書は上位へ編綴

明細書編綴に関する留意事項

  • 編綴順序
    一番上に介護給付費請求書(様式1)1枚、以下被保険者数分の請求明細書となります。請求明細書は、サービス提供年月ごとの編綴となります。(サービス提供月ごと請求書を付け編綴してください。)
  • その他
    1. 綴じる箇所は、左上としてください。
    2. 公費併用明細書の場合は、保険者ごとに介護給付費明細書の上位に編綴してください。
    3. 2種類(複数)以上の様式で請求の場合、様式毎にまとめて編綴してください。なお、この場合も介護給付費請求書については、サービス提供月ごとの編綴となります。