本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく
トップ一般(被保険者)のみなさまへ特定健診・特定保健指導について

特定健診・特定保健指導について

40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームを予防・改善することを目的として、特定健診・特定保健指導が行われています。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうち二つ以上をあわせもった状態をいいます。メタボになると、動脈硬化が進行し、脳卒中や心臓病などの深刻な病気を引き起こす危険性が高いので、早い段階で改善することが大切です。

生活習慣病の発症を未然に防ぐために、国保の特定健診、特定保健指導を受けましょう。健診受診者には健康づくりのための情報が提供されます。メタボのリスクがあった時は、専門家によるサポートのもと、自分に合った改善目標と実行計画を立て、生活習慣の改善に取り組めます。

特定健診は、自分の健康状態をチェックし、生活習慣を見直す良い機会ですので、ぜひご利用いただき、あなたの健康管理にお役立てください。

詳しくは、お住まいの市町村窓口(国保組合)へお問い合わせください。

お知らせ