本文へ
ご利用案内 ふりがなをつける 読み上げる 文字サイズ小さく標準大きく
トップ介護事業所等のみなさまへ介護給付費請求の適正化に伴う点検業務(縦覧点検)

介護給付費請求の適正化に伴う点検業務(縦覧点検)

介護給付費請求の適正化に伴う点検業務(縦覧点検)とは

 国保連合会が行う、居宅サービス介護給付費明細書をはじめ、全ての介護給付費明細書にかかる審査は、請求事業所ごとの明細書を単位として実施しています。
 しかしながら、各受給者にかかる介護報酬算定の妥当性は、同一事業所の複数月の明細書の内容、提供されたサービス種類の関係及び異なる事業所の明細書の内容を確認しなければならない場合があります。
 そこで、国保連合会では、保険者支援業務の一環として保険者から委託を受け、複数月の明細書における算定回数やサービス間・事業所間の給付の内容を確認し、提供されたサービスの整合性について点検を行っています。
 点検の結果、給付内容に不明な項目がある場合は、国保連合会から介護給付費縦覧審査確認表を送付しますので、内容を確認し、回答期限までにご返信をお願いします。なお、回答はFAX可としておりますが、個人情報の取扱いには十分ご注意願います。
 また、請求内容に誤りがあり、「過誤する」と回答いただいたものについては、本会で過誤申立情報を作成しますので、保険者への過誤申立の必要はありません。再請求が必要な場合は、過誤調整を実施した月(過誤処理月)以降に、再請求をしていただくようお願いします。(過誤調整は誤っている部分のみではなく、請求金額の全体をマイナスします。過誤調整と再請求を同月に行うことにより、差額のみの調整となります。)
 以下に介護給付縦覧審査確認表記入例を掲載しますので参考としてください。

 介護給付費縦覧審査の手引き(介護給付縦覧審査確認表記入例)(PDF 2.34MB)

お知らせ